アンテナを360度張り巡らせての学びの記録。年間360回更新します。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2018.01.22

Instagram css

CSSでInstagramのフィルタを表現してくれる「Instagram.css」をテスト。上から順にノーマル、Mayfair、Slumber。んー、ちょっとイメージと違ったけど、簡単に使えるのは便利。

ちなみに、自分がよくInstagramで使うフィルタはこんな感じ。(Iconosquareで取得したデータ)

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.21

西郷どんとよばれた男

西郷隆盛の本は山ほどあるので、書店に行ってどれを読もうか悩んでしまいます。僕はまだまだレベル的に知識が浅いので、現時点で副読本を選ぶ基準としては

・文体が平易な入門書
・大河ドラマのオープニングで時代考証者を調べて著書を探す
・できれば本の装丁がいいもの

あたり。ざっと見わたして『西郷どんとよばれた男』の装丁イラストが南伸坊さんなので迷わず手にしましたが、著者の原口泉氏は「西郷どん」などいくつもの大河ドラマの時代考証も手掛けています。地元大学で近現代史を研究されているということで、西郷さんへの愛情も感じる内容でした。西郷さんの生涯がわかりやすく書かれていて、いい本選んだなと自画自賛。

西郷どん(せごどん)とよばれた男
原口 泉
NHK出版
売り上げランキング: 29,797

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.20

はじめて就職を意識した印刷会社

地元須坂市内を歩いていたら懐かしい看板が飛び込んできたのでパシャリ。木村印刷さん。

中学3年のとき新聞委員長をやっていて、年に数回発行する学校新聞をつくるために何回も足を運びました。自分たちが編集した原稿が新聞という形になって刷られ全校配布される達成感は忘れがたい思い出。当時はマンガ家になることだけを夢見る少年でしたが、同時に、もしなれなかったら就職どうしよう...という不安も抱えていました(極端...笑)。その不安からか、「ここに就職するにはどうすればいいですか?」なんてことを木村印刷の社長に聞いた記憶があります。社長はきょとんとしていましたが...笑。僕がはじめて「就職」をちょっとだけ意識した思い出の場所です。


こちらは当時の新聞「常盤タイムス(平成2年12月28日発行)」。題字下に偉人の格言を入れるコーナーがあってその格言を図書館で探す...とか懐かしい。


Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.17

イノベーター平賀源内

schoo

schooで「天才・平賀源内の発想法 -江戸時代のイノベーターに学ぶ知的時空の旅-」受講。いつもはPCで見るのですが、気分をかえてApple TVに映してみました。聴いたことざっとまとめなどを。

江戸時代中期に、いまでいうイノベーターのようなことと次々とやってのけた平賀源内。西洋からもってきた動かなくなってしまったエレキテルを復元するために、分解して動作や原理を追求しながら復元することに成功。それだけでなく結局日本人が使いやすいように改良してしまった。現代のデジタル社会ではなんでもコピーできちゃうけど、この時代にコピーを超えた"本物"にしてしまうというところがすごい。また、復元するのに必要な資金を集めるため投資プレゼンをしたり、目新しさを利用し見世物小屋をつくって反響を集めたりするといった、社会と顧客の新たな価値を生み出すことにも長けていたという。

日本で初めての博覧会を開催することを計画したものの、貴重なものをわざわざ出品したくないと、なかなか物産品が集まらない。そこで源内は出展する人がメリットがないと渋るところを見るやPR文章を作って配布したり、時間的制約と手間の問題に対しては日本各地に物流拠点を設けて一括手配したり、海賊や強盗に対する不安・リスクに対しては確実に返送を確約し、費用も受取人払いとするなど、出展する人の立場に寄り添った様々なアイデアで博覧会の出展数を増やしていく。いまの物流システムの先駆けのようなことをしていたとのこと。

知れば知るほど面白い。

<まとめ 平賀源内から学ぶ6つのこと>
・人より早く行う開発力。試行錯誤と活用
・プロデュース能力。自分で企画・実行・まとめる
・アライアンス、連携者。皆の協力と知恵(専門家の活用、有能な仲間が多い)
・最先端情報収集。この時代のネットワーク能力(蘭書、友人、プロジェクト化)
・金持ち、権力、権威者へのプレゼン力。資金収集とお墨付き(田沼意次、鴻池、佐竹、地元の有力者)
・なんでもやる、興味を持つ。頼まれたら断らない(自分で率先して仕上げる、広げる)

この授業を受けたあとに観た報道ステーションで、ウナギ不足で土用の丑ピンチのニュースが。土用の丑の日は平賀源内が考えたうなぎ屋のためのPR案ですね。なんだこのシンクロ。


Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.17

今日のメンテ

Serviceページに「Webマーケティング」を掲載しました。戦略策定や運用まわりの相談と提案が多数動き始めている2018年。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.16

ちくほくのねこ

「ほくほく、ちくほく。」Webサイトのインタビュー記事「ちくほくの人」の番外編で「ちくほくのねこ」が公開されました。ホームでのんびり昼寝をしているので、電車がきたらシャッターを!と思ったら、なんと電車が嫌いで音が近づいてくると駅長室に逃げてしまうという(笑)

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.15

Sleep Orbit

ノイズキャンセリング機能付きのWALKMANを手にしてから俄然耳からのインプットに関心が集中していて、ここのところPodcast漬け。それ以外だと、本を集中して読みたいときなど「Sleep Orbit」というアプリを使ってます。お気に入りの環境音を組み合わせながら、ヘッドホンで好きな方向と距離から聞こえてくるように設定できます。近くにカフェのノイズ、遠くに雨とか。近くに環境音楽、遠くに鳥の鳴き声とか。ノイズキャンセリングの雑音のないところに、あらゆる角度からの音の重なりがとても心地よく感じます。

IMG_0865.PNG IMG_0864.PNG

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.14

学研まんが3連発

僕なりの大河ドラマの楽しみ方。予備知識のないストーリーを観るよりも、知っている史実をベースに、どんなストーリーに演出していくのかを追っていくほうが好き。なのでこの時期はできるだけわかりやすい入門書を漁ります。そのなかでも学研まんがは最高です。今週読んだのは以下の3冊。どれも素晴らしくて、何度も繰り返し読んで流れを叩き込み中。複数の本を読むと、史実に向かっての伏線回収がそこかしこに起こるような感覚が面白いです。

学研まんが 日本の歴史 (12) 明治維新―明治時代・前期

学習研究社
売り上げランキング: 110,328


学研まんが人物日本史 西郷隆盛 官軍の総大将
学研プラス (2015-09-17)
売り上げランキング: 15,556


学研まんが人物日本史 大久保利通 明治政府の指導者
学研プラス (2014-09-30)
売り上げランキング: 74,393

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.13

【採用情報】Webデザイナー、Web制作アシスタント

デザインスタジオ・エルWeb事業部では、Webデザイナー(正社員・契約社員)、Web制作アシスタント(パート・アルバイト)を募集しています。エルに興味ある方、長野で働きたい方、Webサイト制作全般の技術を身につけたい方、地方ならではの魅力ある資源をクライアントと一緒に育てていきたいと思っている方、ふるってご応募お待ちしています。

募集要項・エントリーはこちら

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.13

アクセス解析の研修

アクセス解析の研修

Webディレクター・保科が加入してあっという間に一週間が経ちました。彼が入ったことによってチーム全体に新しいモチベーションが芽生えてきたことは明らかで、毎日のようにスタッフ間でのノウハウ交換が行われて体温高めで推移中。年度末進行が本格化して忙しめというのもありますが、今年の冬はなんだか寒さを感じない(笑)。

今日は保科の仕切りでアクセス解析周辺の研修を実施しました。いままではクリエイティブ中心だった情報交換に、専門的なマーケティングノウハウも注入。お互いの血肉化がチームの底上げにつながることでしょう。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エルWeb事業部のWebディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。アンテナを360度張り巡らせて、なるべく年間360回更新します。
詳細プロフィールはこちら

Feedly Facebook twitter Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


ウルトラエル

pagetop