長野市のWebサイト制作会社 デザインスタジオ・エルWeb事業部「ウルトラエル」

アンテナを360度張り巡らせての学びの記録。年間360回更新します。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2019.03.21

ICHIRO

不定期で書いていたブログを、毎日書こう、と決めたのはイチロー選手が200本安打を毎年積み重ねているのに影響を受けたからでした。毎日鍛錬し、打席に立ち、バットを振る。たとえ打ち損じても全力で走ればヒットにもなる。ボテボテのヒットでも、プラス1。
こんな素晴らしい人と同じ時代を生きていることに感謝。これからも「確かな一歩の積み重ねでしか、遠くへはいけない。」 「ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」 を、僕なりのちいさな力でやっていきたいなと思いました。

▼MLB.comトップのキャプチャ。

▼最後の打席のキャプチャ。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.20

【制作実績】ピッキオ(パンフレット2019年度版)

昨年制作したピッキオ様のパンフレット、2019年度版にリニューアルしました(制作:百瀬明彦)。表紙はおなじくムササビですが、去年と写真が違います。ピッキオさんの公式Instagramでは、いろんなムササビの姿が見られますよ。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.19

イラストの発注

かつてエルに在籍していた先輩イラストレーターSさんと打ち合わせ。在籍中、各デザイナー→Sさんへの依頼はほとんど1対1だったと思います。今回は案件を動かしているディレクター保科、デザイナー長張が中心となって事前に綿密な打ち合わせを重ねて方向性を絞り込み、コンセプト~ワイヤーフレームの解説、具体的なタッチの指示までと資料として落とし込んだ形での依頼。あぁ、かつてのエルの文化からすると随分変わったなぁというのはSさんを交えたからこそ感じたことで、僕とSさんが一番新鮮に映ったかもしれないです笑。

Sさんは僕がつくったウルトラエル(頭部のみ)の、胴体を描いてくれた人です。こんな感じでいろいろバリエーションがあるのですよね。また描いてほしいな。

ウルトラエル


おまけ。昔やってたスタッフブログのビジュアル。懐かしいなぁ。

ウルトラエル

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.17

メタル脳

書店で『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』の表紙が目に飛び込んできて即買い。脳科学者・認知科学者である中野信子氏(ちなみに同い年)が「混とんとする世界を救うのはメタル」とか「不安傾向の高さをメタルという音楽が埋めることでパフォーマンスをより発揮できる」とか、いったいどういうことなんだ!?とメタルファン歴30年の僕の知的好奇心をビリビリ刺激。そもそも、なんで自分はメタルが好きなんだろう、なんてあまり考えたことないので、非常に興味深い。

メタル+脳科学という、この方でなければ導き出せないような切り口には並々ならぬ熱意が伝わってきます。自分がそうだからみんなもたぶんそうといった、やや主観が強い場面もあってついていけないところは多少あるものの、メタルの非社会性がポピュリズムと相対する、自分自身が判断基準となるので強い個を育むなど、共感できたこと・興味深かったこと・自分に当てはまっていそうなところはたくさんあったので一部ピックアップしておきます。

  • メタルは精巧な音楽だ
  • メタルは反社会的ではなく非社会的。非社会的であることが強い個を育む
  • メタルは社会への不満や怒りを込めた音楽だが、怒りのコントロールができる
  • メタルが好きな人は極めて内向性が高い。自分とのコミュニケーションが得意。他の人が介入しない仕事が向いていて、ビッグプロジェクトで多くの人を巻き込んでいく仕事は不向き。
  • メタルファンには、ネガティブな感情に正直な人が多く、ゆえに自己評価が低い。
  • メタルを聞くことで得られるカタルシスによって、自信をつけてポジティブな自己評価に向かわせる
  • メタルは裏切らない

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.16

デザイナーの仕事部屋

長野ADCリレー展の企画として、KICHI太田くんとreach轟理歩くんによる「デザイナーの仕事部屋」ようやく見学しに行けました。駅ビルMIDORI内にオフィスを一部移転して、期間中できる限りここで仕事するという斬新なアイデア。2人の作品たくさん見ることできます。面白いなー。展示は明日17日まで。在廊日だそうです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.15

MovableType.net個別説明会

シックス・アパートの藤田さん、早瀬さんご来社。MovableType.net個別説明会を開催していただきました。id=Naganoでそれなりに使っているのでだいたいは理解してるかな...と思っていましたが、いざ早瀬さんの説明をきいたら知らないことたくさんありました...。リリース時から比べるとかなりたくさんの新機能が追加されていて、これは実践投入十分いけそうだなーという印象です。
2005年ごろMovable Typeの日本語版がでたころはMTの独壇場でしたが(僕が最初に導入したのは2003年10月)、その後WordPressにシェアを奪われた格好。ですが、当時MTやっていた人を振り向かせる機能もたくさんあるなと思いました。テクニカルサポートはもちろん、ユーザーからのフィードバックを積極的に聞いて反映してくれるのもありがたいです。

MovableType.netがいいなと思うところ

  • サーバが不要
  • バージョンアップ気にしなくていい
  • セキュリティ対策がしてあり、メンテナンスコスト軽減できる
  • 独自ドメイン使える
  • SSL無料で使える
  • 管理画面に認証かけられる
  • 再構築しなくていい
  • 共有プレビューは最高(パスワード認証もある)
  • プレーンなテーマが追加されてる
  • 承認フローある。外部メンバーとして登録すればログイン不要で承認フローに加わってもらえる
  • 年度別アーカイブ作れる
  • 記事の差し替え版が作れる(差し替えの予約機能あり)
  • 履歴の比較できる
  • デフォルトのフィールドの表示設定が指定できる
  • アップした画像の最大サイズを指定できる
  • 画像のドラッグ&ドロップ対応
  • Webプッシュ通知
  • MT、CSV、WPのインポートができる
  • フォームのデータが残せる
  • フォームの受付制限を表示できる(のこりn名など)
  • カスタムフィールドを「メンバー」でも利用できる

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.15

撮影の基礎知識研修終了

約一か月かけて、撮影の基礎知識に関する研修を毎朝ミーティングで行ってきました。テキストとして利用させていただいたのは、ソニーのデジタル一眼カメラ「α」サイト内にある「撮影の基礎知識」と「デジタル一眼カメラ α(アルファ)で写真撮影を楽しむ」です。毎日1単元、共有ブログにアップして僕が解説していくという進め方。カメラや撮影の基礎知識を抑えながら、事例をみていく感じです。独学ではありますが、ひととおり体験しているのでなるべく経験談を織り交ぜながら話すようにしました。仕事で撮影する可能性もあることから「もし仕事でやるとしたら」という場面があれば言及するようにしました。この間、実際に現場で自ら撮影するスタッフもいて、この研修が多少なりとも役立っていた様子。学びと実践がバランスよくでてくると、成果を感じられやすいですね。

今回の研修まとめ。

<目的>
・カメラや撮影の基礎知識を学ぶ
・撮影ディレクションに役立てる
・必要な絵作りのイメージを持てるようにする

<学んだこと>
・カメラや撮影の基礎知識
・撮影に臨むときの準備、姿勢、スタンス
・シチュエーションごとの知識やテクニック
・レンズの種類・性能

日ごろ、技術やテクニックだけでなく「視点が大事」であることを伝えるようにしています。視点の切り替えができると、構図や配置といったデザイン面のスキルにも影響するだけでなく、"気づける人"になれるから。カメラと撮影を学ぶことは、このことに大きく貢献してくれると思います。

あと、テキストとして使わせてもらったソニーのサイトの構成はとても秀逸だったです。カメラの基礎知識を学びながら、具体例を盛り込み、最後におすすめレンズや撮影事例のリンクがあり、ストーリーがスッと入ってきました。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.14

右向き左向き

右利きの人は、人の顔を描くときに左向きに描くことが多いといいます。描くときに手首が内側に動くから(逆は動かしづらい)といった理由だったと思います。たしかに、マンガ描くときとか圧倒的に左向きが描きやすかった。同様に、車を描くときも左向きで描くことが多いし、車カタログのスタイリング写真も左向きが多いです。これらの理由を調べるといろいろ出てくるのですが、人は上から下、左から右に見ていくという先天的なものによる、という説などがあって、なかなか興味深いです。左向きのほうがかっこいいという意識は確かにあるのですが、形は同じなのに不思議。右向きのほうは先天的に不自然に感じる向きなのか...な。。

ところで、トラックの側面に書かれている文字が、左右逆に書かれているのも気になります。この記事によると

【ターャジスとはなんぞ】
進行方向から文字を書いていれば、走行中の車からみると、すれ違いざまにテロップのように「ス」「ジ」「ャ」「ー」「タ」と流れて見えるのです。

うむ、なるほどです。

なんでこんな話をしたかというと、某クライアントの新しいCI規定を作るにあたって、営業車用の左右逆文字を作る必要があるから。新鮮な作業になりそう。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.13

Adobe Fonts

Adobe Fontsのライセンス形態がシンプルなものに変わったとは知らなかった...。ページビュー制限とドメイン制限がないのですね。そしてFuturaとかAvant Garde使えるの知らなかった...。いろいろ調べてみると、ヘルベチカの元になったとされる「Neue Haas Grotesk」とかもあった(参考)。

Futura PT Light

Neue Haas Grotesk Display Pro 65 Medium

ITC Avant Garde Gothic Pro Medium

Sabon LT Pro Roman

DIN 2014 Demi

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.12

「知る」から「わかる」の変化

デザイナー兼エンジニア・長張によるJavaScript研修は毎朝開催中。僕は長年Web業界にいるものの、プログラミングについては一歩踏み出そうとしても二歩目で思い切りつまづくレベルなので正直とっくにあきらめています。でも、研修を通じてことばと事例で教わると「知る」から「わかる」に少し振れてくるから、それはもちろん嬉しいことであるし、あきらめてた二歩目を、ちょっと踏み出したくもなる...。今回どこまでいけるのか。おそらくこれが最後のチャンスとなると思うけど(苦笑)、たとえわからなくても、この学びは刺激。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エルWeb事業部のWebディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。アンテナを360度張り巡らせて、なるべく年間360回更新します。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


ウルトラエル

pagetop