アンテナを360度張り巡らせての学びの記録。年間360回更新します。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2018.12.10

WordPress5.0

個人ブログをWordPress5.0にアップデートしてみました。エディターががらっとかわって、「Gutenberg(グーテンベルク)」に置き換わっています。今までの編集画面にしたい場合はClassic editorというプラグイン入れればいいらしいです。個人的にはGutenbergとてもいいと思います。より視覚的でリッチな体験は、書くのが楽しくなるので。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.09

thee #12『不在の塔』

長野市の演劇ユニット・theeの第12回公演『不在の塔』を観てきました。

チラシデザインさせてもらっている分、いくぶんか予備知識をもってのぞむのですが、今回は演出の長峯さんから「創作難易度が高い」と聞いていました。実際、事前にお邪魔した稽古場でもちょっと緊張感高めに感じました。今までにない事前情報だったので、どんなストーリー、どんな演出、どんな演技がなされるのか、よりワクワク感が。

会場のモリヤホールははじめて。会場はみるみるうちに満席。昼はさらに混んでいたらしい。すごいなー。ch.books CAFEの「不在の塔特製ドリンク」がめちゃくちゃおいしくて、冷えた体を温めつつ着席。毎回ズズサウルス木下さんが当日パンフを作っていてそれを見るのも楽しみで、なんか今回もぶっとんでいて、いろいろ仕組まれているんだろうなと上演前に血眼になって眺めてました。とりあえず、誰がどの区長かは覚えておいたほうがいいかな...と思い頭に叩き込んでみた。裏面の広告も当然あやしい。こうなるとこの不在の塔特製ドリンクもただおいしいだけじゃない、何かある。

そわそわしているうちに19:00になって開演。おなじみのメンバーの声が轟くと、一瞬でtheeワールドに。前方のステージだけじゃなく座席周りの通路も舞台の一部になるから、こちら客席も民衆に仕立て上げられているも同然。当日パンフに書かれてる「回覧」の文字がじわじわ効いてくる...。

登場人物は、著名な建築家先生と、その弟子である夢見る建築家、そして6人の区長。序列ある区長たちは、塔が必要か不要かをめぐって、くっついたり離れたり、足したり引いたり、上になったり下になったり...。立場がかわると価値観もあっさり変わる。現実世界でありうることをちょっと意表を突く設定で表現し、巧みに共感づけるのはtheeらしくて好き。高いところが好きなのか、人の上に立つのが好きなのか、有名な建築家が作るから価値があるのか、カネや地位のために高いところを目指すのか...。とにかく、高いところめがけてそれぞれの想いは複雑に絡み合う。

でも、高いところは危ない。ラストに向かって畳みかけるように、タイトルの「不在の塔」は突きつけられる。おおぉ...。悲喜劇の中の深み。人間関係がこんなにも複雑怪奇に絡み合うなかでの「不在」。いやこれは、うまく言葉で言い表せないんですが、すごいんじゃないですか!?ちょっとね、終わったあと少し放心状態というか、空っぽ感というか...刻まれました。

誰がどの区長かを覚えたのが、逆に裏をかかれた感やられた感。程よく頭が混乱し、登場人物がそれぞれおだてたり誘ったりそそのかされまくる激しい移ろいがツボにハマってしまいました。創作難易度が高いということでしたが、全体像も枝葉もはっきりと描かれ、まったく淀みのない素晴らしいパフォーマンスに映りました。難しいものが難しいように見えないって名手ですよね(そういえば作中にでてきた野球ネタがこれまたツボ)。ストーリーも演出も演技も素晴らしかったです。結末を理解したうえでもう一度見てみたい!

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.09

1QQの記録

『ハラさんに聞く 一日一力を実現するための100の質問』(1QQ)|稲田英資|note

1QQの主催者の一人である稲田さんが、ご自身のnoteで記録ブログを書いてくださいました。

『ハラさんに聞く 一日一力を実現するための100の質問』(1QQ)|稲田英資|note

イベントの経緯や準備、当日の手順、そして質問項目全記載、イベントの感想。
こうやって感想付きの記録を書いてもらえるのはとても嬉しい!他の方からも反響の感想をいただいたので、やってよかったなと思います。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.07

Slido

先日の質問イベント(1QQ)で、会場からの質問を集められる「Slido」というアプリを太田くんが探してきてくれて、実際にいくつかの質問を収集できました。発言しづらいという人でも、これなら気軽に投稿できていいですね。プロジェクターに投影すれば、投稿された質問がタイムラインで見ることができるので進行しやすいし会場の人もわかりやすくていい感じ。id=Naganoでも使ってみたい。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.07

100の質問(1QQ)、無事完走!

JBN稲田さん、KICHI太田くんの会話から生まれたイベント『ハラさんに聞く「一日一力を実現するための100の質問」』、なんとか無事に完走!
自分の仕事のやり方に関心をもってくれる方がいらっしゃるというのはすごく光栄なことですし、思っていたよりも参加者が多くて驚きました。

参加者から質問を集め、回答するというイベントですが、当日募った質問と合わせて100の問答を、ピッタリ2時間でおさめることができてほっとしてます。かなりスピード感のあるやりとりだったので、スポーツ後のような心地よい疲れとさわやかな達成感を味わえました。おぉぉ...やり切った!

「何でそんなにすぐメールを返せるんですか?」
「全体の進行管理ってどうやってますか?」
「提案前のヒアリングで気をつけていることはありますか?」
「仕事、プライベートでの無駄の省き方、工夫などありますか?」
「ハラさんの弱点を教えてください」
「1日の中で仕事スピードを持続させる秘訣はなんですか?」
「チームで仕事をする上でハラさん自身が意識していることはありますか?」
「若手のディレクターの成長に必要なこと、アドバイスをください」

など、行動や仕事の進め方の質問が多かったのですが、それ以外にもこういうのもありました。

Q 小さい頃の遊び方、親との遊び方で今の自分に影響していることはありますか?

A 一人っ子で、自分でやると決めたらだれにも相談せずに実行していました。親は完全に放任主義で勉強しろと言われたことはありません。親と遊んだ記憶も、あまりない。ひとりで熱中するものが常にあったので、すごく忙しかったです。
それから、小学校のころとか、学校では普通にクラスメートと遊んだけど、家に帰ると年下10人ぐらい引き連れて遊んでいました。意外かもしれないけどお山の大将。でも彼らを使いっパシリにすることはなかった。そのとき「頼られる」ということと「頼る」ことを体験したと思います。きっとそれは今のチームづくりに活きているかも。

いただいた質問をすべて言語化してみて、自分の性格や行動パターン、考えていること、今後のこと...などがコトバとして強く意識づけできたこと。また、何でもかんでもできているなんてことはなく、苦手なことはどうしても苦手という割り切りや、できていないところは今後の課題として取り組んでいかなくては、という気づきがあったこと。皆さんのお役に立てたかどうかはわからないけど、楽しんでいただけたようですし、僕自身とてもいい経験をさせてもらえました。

今年Twitter復活したことと(ツイートから拾いだしたものが多い)、主催者の稲田さんの依頼よる「働くってなんだろうプロジェクト」で"働く"について100文字で表現したことの二つは、自分ごとを凝縮するという作業になって、とても意義深いものを感じたし、これがあったからこそのイベントだったなと思います。

道をつくること。弓道を通じて学んだ「型」と「押し引きのバランス」が、僕がふだんやっている定型化、ルール化、インプットアウトプット、ひとつ増やすならひとつ減らす、空っぽにしてから入れる...といった行動に表れているのだと改めて思いました。

質問に答えた内容については、また別途Twitterとかで発信できたら...とも思っています。

太田くんのてきぱき設営っぷりはすごいなぁ。どの写真見ても太田くんは常に動いてる。稲田さんの話すテンションはとても穏やかで問答しやすかったです。お二人とも、ほんとうにありがとう!

話しながら、スマホをリモコンにしてデジカメを遠隔撮影。あんまりよくないね苦笑

参加していただいた皆様、ありがとうございました。
ぜひ、他の方の「1QQ」も聞きたい。そして今度は質問する側に回りたい...!

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.05

【制作実績】市川眼科医院

市川眼科医院

長野県須坂市にある市川眼科医院のロゴマーク、名刺、診察券、封筒、看板、Webサイト制作を担当しました。一連のブランディングはアートディレクターの百瀬が担当。市川の「い」と、眼科の「目」をシンプルに図案化。ひと目でわかるアイコンとして表現しました。一瞬見ただけでは「目」にしか見えませんが、よく見ると「い」になっています。マークを入れるだけで自社ツールや全ての物がキャラクター化し展開します。

小5のメガネデビューをするときにお世話になった先生の医院をお手伝いさせていただいて、とても嬉しかったです。大先生お元気そうで何よりです。院長を継いだ若先生は僕と同い年ということもあり、眼科にいくときはまたお世話になりたいなと思います!

Director, Web Designer:ハラヒロシ
Art Director, Graphic Designer, Animation:百瀬明彦
HTML Coder, Engineer:千原靖子
Photographer:阿部宣彦(LocalSwitch)

市川眼科医院

市川眼科医院

市川眼科医院

市川眼科医院

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.04

【制作実績】古谷野工務店

古谷野工務店

「建築施工」「アフターケア工事」「自社設計施工」の3事業を展開する、明治10年創業の株式会社古谷野工務店公式サイトを制作いたしました。

Project Manager:平藤篤(MULTiPLE Inc.)
Graphic Designer:藤本健太郎(DESIGNnobi)
Web Writer:魚月かな(MULTiPLE Inc.)
Designer:ハラヒロシ
HTML Coder, Engineer:堀内宏道

古谷野工務店

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.03

イベントの打ち合わせ

今週木曜開催のイベント『ハラさんに聞く「一日一力を実現するための100の質問」』の下打ち合わせ。主催者の稲田さん、太田くんと当日の段取りや質問項目のすりあわせなど。なんだかすごく盛り上がった...。

いまのところ参加者20名前後(思ったより多い...!)、質問も70程度になってきました。質問ひとつにつき回答時間1分ぐらいしかないので、これは忙しいぞ...。がんばります。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.03

【制作実績】ZANE ARTS

ZANE ARTS

北アルプスの玄関口・長野県松本市で生まれたアウトドアブランド「ZANE ARTS」公式サイトを制作しました。アウトドア愛好家を機能でサポートするだけではなく、大自然の中で違和感なく存在する藝術性をもって「自然」と「人」を調和させ、自然との一体感を生み出すことをコンセプトにした新しいブランドです。

Director : 保科大輔
Designer:ハラヒロシ
Designer, HTML Coder, Engineer:小島有

ZANE ARTS

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.12.01

MT長野Vol.04開催しました

id=Naganoの勉強会「MT長野 Vol.04」を開催しました。id=Naganoサイトでさっそくレポートもアップしています。

今回はMovable Type の最新バージョン「Movable Type 7」の新機能を学ぶためのハンズオンセミナーという形式でした。参加者の約半数が初めての方で、エンジニア率が高かったです。また群馬県より2名の方にご参加いただきました。MTに初めて触るという方も多かったようです。

前回のおさらいも兼ねて座学から入り、後半はハンズオン形式で画像ギャラリーサイトとレシピサイトの構築体験をしました。考え方と実践が同時にできて、MT7の基本理念と仕組みをわかりやすく学ぶことができたと思います。エンジニアの方が多いということもあり、みなさん吸収がはやく、進行もとてもスムーズでした。

懇親会は「しなののてっぺん」にて。素敵なお店で料理も美味しかったです。話も盛り上がってあっという間の二時間でした。新しい仲間が増えたなーという感じがして、いつもそうなんだけど、勉強会やってよかったなと思います。相変わらず開催回数は少ないのですが、一時期に比べればマシになってきたかと笑。こんなペースですが、引き続きid=Naganoどうぞよろしくお願いいたします。

長内さん、ありがとうございました!

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エルWeb事業部のWebディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。アンテナを360度張り巡らせて、なるべく年間360回更新します。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


ウルトラエル

pagetop