長野市のWebサイト制作会社 デザインスタジオ・エルWeb事業部「ウルトラエル」

「超えるをつくる」ための、公私同一学びの記録。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2019.12.09

Twitterによるメタ思考

Twitterで書いたことって、自分の思考の集大成にもなっています。僕の場合、自分のツイートをスプレッドシートにコピペしてストックしているのですが、ジャンルごとに分類するなどの工夫を加えることで、共通点見つけたり再構築したりしやすくなります。結果、メタ思考できたり、自己矛盾に気づいたりするのです。
ちなみに、他者のツイートでいいなと思ったものも、いいねやブックマークだけじゃなく、スプレッドシートにコピペしてストックしています。Twitterだけだと結局フローしていってあとで見つけられないので...。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.07

年賀状デザイン会議

自社年賀状のデザイン会議。毎年作り手変わるけど、今年は若手グラフィックデザイナーに任せることにしました。
ちなみに過去20年以上前からの年賀状デザインをストックしていて、それをデスクに広げながら打ち合わせするのが楽しいのです。2周前の年賀状とか、時代を感じます。まだ入社前か...。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.06

僕らはSNSでモノを買う

僕らはSNSでモノを買う』読了。著者のホットリンク・飯髙悠太さんが来年2月のSBWに登壇されることが決まったということで、今から楽しみです。主催側のJBN稲田さんが、Twitter上で飯髙さんに打診し爆速で開催決定する様子を目の当たりにして、SNSのすごさを見せつけられたのも個人的にはワクワクする体験でした。

知見まとめ

  • UGCを起点に、ULSSASをうまく回し、売れ続けるサイクルを作り出す
  • UGC=User Generated Contents。ユーザーが自分の意思で投稿したコンテンツ。モノが売れない時代を切り開く鍵。
  • ULSSAS=UGC→Like→Search1→Search2→Action→Spread。SNS時代に、どのように情報が伝播するかを追いかけた結果生まれた概念。
  • UGCが伸びると、指名検索が増える。売り上げに近いユーザーが増える。リスティング広告による入札の競り合いに巻き込まれない
  • UGCの特徴 ①情報の信頼性が高い ②行動転換(態度変容)が起こりやすい ③シェアされやすい
  • 自分たちから発信することを考えるだけではいけない
  • 企業だけが情報の発信者になるわけではなく、さまざまな場所でUGCが生まれる。この自然発生したUGCを大きく広げることが大事。SNS利用している多くの「パーソナルメディア」にどう取り上げてもらうかがUGC起点のSNSマーケティング
  • UGCを発生させ、広げることまで考える必要がある
  • リスティング広告やSEO対策だけに力を入れるとこのアテンションが増えないので、じょうごの入り口が広くならない
  • UGCのアテンションは、一過性で瞬間的なバズではなく、この商品よかった、あのサービス使いたいといった口コミが発生して蓄積されていくイメージ
  • コモディティ商品やコンプレックス商品はUGC生まれにくい
  • 300人以上のフォロワーがいるユーザーは、趣味や興味関心(インタレストグラフ)でフォローされている人。
  • フォロワーの質を担保するなら、プライベートアカウントのフォロワーを増やす
  • リアルな関係に近い濃密なつながり(スモール・ストロング・タイ)で拡散される情報は優先度・信頼度が高い
  • SNSマーケティングで売り上げをアップさせる一番のポイントは、顧客にとってよい商品やサービスを磨き上げること
  • UGCが自然発生しないときこそコンテンツマーケティングが重要になる
  • オウンドメディアの一番の目的は、広告で届かない層にリーチすること

自分もいま、Twitterマーケティングはもっとも関心の高いジャンル。いまのところ案件ベースではなかなか機会がないのですが、個人アカウントで実践できるところはマネして、力をつけていきたい。

僕らはSNSでモノを買う


Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.05

人物撮影のアイデア

人物撮影のアイデア。「マイ仕事道具」を持ってもらう。Matsue Group採用サイトで実践しました。そのメリットは...

・職種や仕事内容が一目でわかる
・撮られる側が、誇らしい表情になる
・デザインの「反復」「整列」のアクセントになる

いい表情にしてくれるのは、カメラマンさんの腕なんですけどね。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.04

【制作実績】サーキットデザイン

特定小電力無線機器(無線モデム、無線モジュール、テレコントロール、リモコン、ワイヤレスオーディオ)などの設計開発メーカー・株式会社サーキットデザイン様のコーポレート/ECサイト。顧客を目的の製品へ誘導しやすくすること、製品を販売しやすくすることを目的に、ユーザビリティを改善することに注力しました。それにより、新規顧客の獲得、既存顧客に対する信頼性の維持・新製品のアピールを目指します。また、WordPressに連動したショッピングカートシステムを導入・大幅なカスタマイズをしています。

Director, Designer, HTML Coder, Engineer : 堀内宏道
Director : ハラヒロシ

エル史上最大規模のサイト構築。堀内が死力を尽くして頑張ってくれました。そしてWebチームのサポートやグラフィックチームの図版作成など、多くの人が関わってくれました。感謝。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.03

ナレッジ共有の相乗効果

「一日一力」というナレッジ共有の仕組みを作ってよかったことは、調べもの一つとっても"自分のため"というより"みんなのため=チーム貢献"という意識になること。実際「研修やりたい」「サンプルコードまとめました」「新しい雛形作りました」という主体的な成果も生まれ、嬉し涙流してます。

<最近の例>

  • エンジニア・長張は、案件で実装したフロントエンド技術を、汎用性のあるサンプルコードに整えてメンバー向けのコード集を作ってくれた
  • デザイナー・堀内は、最新のHTMLテンプレートをアップデートし、みんなに共有してくれた

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.03

thee第13回公演『売り言葉』再上演

台風の影響で一部上演が中止になった『売り言葉』の再上演が決定しました。予約はこちら

上演日程
2020年1月18日(土)18:30開場/19:00開演
2020年1月19日(日)13:30開場/14:00開演

会場
ギャラリー花蔵(長野市)長野市東町147

チケット
前売2,000円/当日2,300円
※全席自由
※未就学児入場不可

出演
島崎美樹/ミズタマリ

演出
長峯亘

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.02

コーディネーター

自分の職業は何かといわれたらディレクターとかデザイナーということになるのですが、紐解いてみると、感覚としては「コーディネーター」というのがしっくりきています。あれこれ組み合わせて作るという意味で。以前エルにいた先輩は「サンプリングする」という表現をしていました。これも的を得ている。コーディネート力、サンプリング力が生かされる職種かな...と。

ふだんから、デザインや技術のトレンドを追う際に、常に「どこがいいのか」を言語化しておく...つまり、全体だけでなく部分を捉えることに意識を向けています。
いざ自分の仕事で「部分」をたくさん引き出し、組み合わられるようになると、コーディネートできてる実感が得られるのですよね。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.01

<休日>秋と冬の境界線

週末土曜日、いよいよ近くの山にも冠雪。あさイチでスタッドレスタイヤに履き替えて、木島平村(実は過去に仕事で関わっている)の馬曲温泉に雪見風呂いただきました。写真は、行く途中に見える高社山。ふもとはまだ紅葉が残っていて、上は雪の薄化粧。この景色、とても好きです。

僕は一年の中でも、寒さに慣れないこの時期が一番苦手。でも、ジムに行き始めて2年経ち、意外だったのはこの時期一番精力的に動いていたこと。寒さに負けていられないという表れでしょうか。

2週またいだ計4回の休日をすべて日帰り温泉に費やし、空前のマイブーム。動いて、温泉入って、本読んで...となればお腹もすいて、なかなかエネルギッシュな毎日。風邪ひかないように師走を乗り切りたいものです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.11.29

打破

webデザインって、良くも悪くも「ボックス」に囚われます。でも、その制約が楽しいです。ボックスに忠実もよし、ボックスならではの組み合わせを活かすもよし、ボックス感じさせないもよし。構造やストーリーや導線を疎かにしない中でどう見せるかが醍醐味です。

その、webデザインにおける「ボックス」にガチガチに囚われないようにするための方法として、守破離の例をとってグリッド紙に順番にサーっと手描きで描く体験すると、そこから脱却できるヒントを得られるかなと思いました。新人や初学者向けの研修でも使えそう。

あ、そういうことか!と気づきが得られれば、デザイン守破離の光明が差すのではないでしょうか。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エルWeb事業部のWebディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。アンテナを360度張り巡らせて、なるべく年間360回更新します。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


pagetop