アンテナを360度張り巡らせての学びの記録。年間360回更新します。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2018.08.06

ラフ描き

デジタルな仕事をするなかで、「ラフを描く」というアナログ作業は至福のひととき。僕の場合は、情報設計とデザインの2つの場面で描くことが多いです。デジタルの線は、それだけで正しく見えてしまうという面があるので、手描きでいったん魂を宿すと、デザインにより強い意志が反映されるのではないかと。

あと、デザイナーが作ってきたデザインのフィードバックをする際にも、デザインカンプに直接赤字を入れるのではなく、わざと手描きに戻して説明することもあります。全体のトンマナやレイアウトを補正したいときなど、いったんフラットな気持ちにしてもらうのに有効だと思っています。小手先の修正ではなく、大きな視点で見て欲しいという想いがあります。

社内で、デザイナーやディレクターが画面ではなく紙にラフを描いているときの黙々感、とても好きです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

電子書籍版 マンガ「Webクリエイター・ウルトラエル」マンガ「Webクリエイター・ウルトラエル」
ITが発展した下界に下りてきた忍者・ウルトラエルが持ち前の忍術・戦術・記憶術を駆使しながら、一人前のWebクリエイターを目指して奮闘します。
※Vol.01~Vol.10をまとめ読みできます(すべて無料です)
「ブクログのパブー」で公開していますので是非ごらんください。

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エルWeb事業部のWebディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。アンテナを360度張り巡らせて、なるべく年間360回更新します。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


ウルトラエル