長野市のWebサイト制作会社 デザインスタジオ・エルWeb事業部「ウルトラエル」

「超えるをつくる」ための、公私同一学びの記録。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2019.03.17

メタル脳

書店で『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』の表紙が目に飛び込んできて即買い。脳科学者・認知科学者である中野信子氏(ちなみに同い年)が「混とんとする世界を救うのはメタル」とか「不安傾向の高さをメタルという音楽が埋めることでパフォーマンスをより発揮できる」とか、いったいどういうことなんだ!?とメタルファン歴30年の僕の知的好奇心をビリビリ刺激。そもそも、なんで自分はメタルが好きなんだろう、なんてあまり考えたことないので、非常に興味深い。

メタル+脳科学という、この方でなければ導き出せないような切り口には並々ならぬ熱意が伝わってきます。自分がそうだからみんなもたぶんそうといった、やや主観が強い場面もあってついていけないところは多少あるものの、メタルの非社会性がポピュリズムと相対する、自分自身が判断基準となるので強い個を育むなど、共感できたこと・興味深かったこと・自分に当てはまっていそうなところはたくさんあったので一部ピックアップしておきます。

  • メタルは精巧な音楽だ
  • メタルは反社会的ではなく非社会的。非社会的であることが強い個を育む
  • メタルは社会への不満や怒りを込めた音楽だが、怒りのコントロールができる
  • メタルが好きな人は極めて内向性が高い。自分とのコミュニケーションが得意。他の人が介入しない仕事が向いていて、ビッグプロジェクトで多くの人を巻き込んでいく仕事は不向き。
  • メタルファンには、ネガティブな感情に正直な人が多く、ゆえに自己評価が低い。
  • メタルを聞くことで得られるカタルシスによって、自信をつけてポジティブな自己評価に向かわせる
  • メタルは裏切らない

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

電子書籍版 マンガ「Webクリエイター・ウルトラエル」マンガ「Webクリエイター・ウルトラエル」
ITが発展した下界に下りてきた忍者・ウルトラエルが持ち前の忍術・戦術・記憶術を駆使しながら、一人前のWebクリエイターを目指して奮闘します。
※Vol.01~Vol.10をまとめ読みできます(すべて無料です)
「ブクログのパブー」で公開していますので是非ごらんください。

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エルWeb事業部のWebディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。アンテナを360度張り巡らせて、なるべく年間360回更新します。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


ウルトラエル