長野市のWebサイト制作会社 デザインスタジオ・エルWeb事業部「ウルトラエル」

「超えるをつくる」ための、公私同一学びの記録。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2019.10.28

ハロウィンイラスト

今日の朝活は、ハロウィンイラストのリファイン。エルくんの顔とハロウィン顔は親和性高し。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.10.25

反省会

昨日と今日で計3チーム、Webサイト公開後の反省会を行いました。

新たな取り組みでしたが、この短期間でたくさんの言語化ができて、これはしっかりと文化にしていきたいと思いました。ただ反省をするだけではなく、いい成果についてもちゃんと触れる。メンバー間でプロジェクトを通してのできごとを振り返り、良かった面はちゃんと称え、それをきっかけにさらに上の目標を設定する。うまくいかなかったことはその原因を探って前向きに次に生かす。

形式的にやるだけではダメで、問題があればちゃんと課題に転換するようにしたい。

チーム反省会はこれにとどまらず、全員ミーティングで共有してもらいます。自分が担当していない案件はやっぱり気になるものだし、その進行管理の方法や、成功談・失敗談は身近なことだけに血肉化も早いでしょう。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.10.25

イラスト次々とリファイン中

今朝も朝活イラスト。メインのムササビエルくんを描き直し。止まりません。長らくエルくんをいろんなタッチで作ってきたけど、やっとコツをつかんだというか(遅っ!)今回のは一番しっくりするのです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.10.24

イラスト追加

本日の朝活は、サンクスページと404ページに使うイラストをアップデート。ウェルカムはどこかで使えそう。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.10.23

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』読了。VUCAの時代にどうやって思考と行動をアップデートし、しなやかに生きていくかを説いた本。

概要

ビジネスは常に「問題の発見」と「問題の解決」が組み合わされることで成立するが、現在は人類史上初めて「問題が希少で解決策が過剰」という時代に突入した。問題自体が希少化している現代において、従来の「問題を解決する」ではなく、「問題を発見する」に価値が生まれ、課題設定者(アジェンダシェイパー)がニュータイプとして価値を生み、希少性が高くなるー。「6つのメガトレンド」から求められる新しい時代の思考・行動様式を、オールドタイプ(旧型の価値観)からニュータイプ(新型の価値観)へのシフト、という形で解説。

感想

読んでみて、それぞれの行動様式で自分がオールドタイプなのか、それともニュータイプなのかを照らし合わせてみました。ニュータイプになるのも、常にそう振る舞うのもなかなか大変ですが、あーこれは自分オールドタイプだなと思ったところは、冷や汗が...。一度既存の概念をリセットしつつこういった大きな視点を理解し、そのうえで常に自分なりの「あるべき理想像」を思い描いている人でありたいと思いました。自分のこれからの土台を構築・アップデートしていくうえで、何度か振り返って読みたい一冊。ニュータイプの人物像、机にはっときます。

気になったポイントメモ

  • 社会や人間のあるべき姿を構想する力が必要
  • 未来を構想し、構想した未来の実現に対して周囲を引きずるように運動する
  • 嘆くべきは、部下を動機づける意味が与えられない自分の不甲斐なさ。意味を引き出せるか。
  • 仕事が本来的に有しているべき「意味」をどうやって回復させるか
  • 「役に立つ」は明確化された問題に解決策を提供することで発揮するが、「意味がある」という市場では価値を生まない
  • 生産性を求める規律だけでなく、絶妙に遊びを盛り込む
  • 直感と予感に基づいて仕込みをする営み=ブリコラージュが今後のリーダーには必須の素養
  • VUCA時代で外在的ルールに頼って律するのはリスク。自分の中の「真・善・美」の基準に照らして行動しないとカタストロフィを回避できない
  • 強い共感を獲得できない「切っ先の甘い」中途半端なプレイヤーは消えていく
  • 内発的なモチベーションに駆動されているリーダー。モチベーションのマネジメントが必要
  • 組織内のコアにいる専門家と、組織外のクラウドにいる門外漢をどう組み合わせるかで企業の価値創造力が左右される
  • 積極的に自分のコナトゥス(自分らしい自分でい続けようとするエネルギー)を高める機会になるかどうかを試す心性が求められる
  • 危ないと感じるアンテナの感度と、逃げる決断をする勇気。試してみてダメだったら撤退
  • 安易に「わかった」と思わず、相手の言っていることを傾聴し共感する

まとめ

自分なりの「あるべき理想像」を構想して問題を発見しつつ、自分の中の「直感・予感」や「真・善・美」に基づいて行動し、仕事に「意味」を与えて周囲のモチベーションを高める。を目指す。

なお、記事抜粋が『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式 | ダイヤモンド・オンライン』で読めます。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.10.21

自分が担当していない案件のノウハウ

デザイナー・長張からの提言。「自分が担当していない案件についても経験やノウハウを共有したい」と。たしかに、確かに...!具体的な提案として、プロジェクトごとに連絡先やコンタクトレポート、資料などをまとめておく「プロジェクトL」というブログを使った共有の仕組みがあるのですが、これがまだいまいち活用しきれていないので、振り返りメモとして活用したらどうかと。そんなわけで以下フィールドを追加。

・課題や要望
・サイトの方針
・デザインや開発のポイント
・進行管理での気づき
・KPT(Keep・Problem・Try)
・クライアントの反応

今後、反省会の前に各自がコメントを残し、反省会→全員で共有、を実行することに。

最近はこのようにスタッフから、チームや会社のために「こうしたほうがいいのでは」という前向きなアイデアがあがってきてありがたい。他人事ではなく自分事になっているからこそ。いいと思ったらすぐ取り入れますんでどんどんください。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.10.19

会社案内ダウンロードPDF

download

改修その2は、会社案内ダウンロード(PDF)機能。営業で使っている業務案内をリメイクして、Webサイトからダウンロードできるようにしました。社内で印刷して見たい、上長への確認はプリントが便利...など、検討の際にはぜひこちらのPDFをご利用いただければと思います。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.10.19

改修に勤しむ

BtoBサイトを成功に導く180のチェックリスト」に沿って、自社サイトでできる改修に着手。

・CTAとフッターの境界がなかったのでブロックを分ける
・CTAエリアでは、お問い合わせボタンと電話番号をセットに

あとはここにイラストとか入れたらエルっぽいかなと。
このあと資料請求ボタンを追加しますー。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.10.17

自社サイト改善に向けて②

前回のエントリーで、チェック項目をリストアップしてさぁ準備進めるぞーと思ったところに、すごいのがきた。ベイジさんが新しく立ち上げたオウンドメディア『knowledge / baigie』の、「BtoBサイトを成功に導く180のチェックリスト」という記事。BtoBサイトの成功パターンをまとめたBtoBサイト・チェックリストが、圧倒的すぎて、もう...くぎづけです。さっそくこちらもチェックリストに沿って、自社サイトでできてる/できてない、改善すべきか/否かをスプレッドシートに洗い出し。ウズウズが止まらない。原則・法則は血肉化しやすいから、はやめに実践が吉!

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.10.16

自社サイト改善に向けて

今朝のミーティングでディレクター保科がシェアしてくれた記事『【調査レポート】150社分調査して分かったWeb制作会社のホームページの実態!追加すべきはこのコンテンツ! | Web幹事』を読んで。おお、こういう客観的記事ありがたい。

さっそく、記事の内容をスプレッドシートに落とし込み、対応状況、現状コメント、改善したい度/改善点を一覧に。ちょっとずつ改善したいと思います。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エル代表取締役/webディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


pagetop