長野市のWebサイト制作会社 デザインスタジオ・エルWeb事業部「ウルトラエル」

「超えるをつくる」ための、公私同一学びの記録。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2020.01.29

「Awwwards」でHonorable Mention受賞

先日の「CSS Design Awards」でのSpecial Kudosにつづき、同じく海外三大Webデザインアワード「Awwwards」でHonorable Mention受賞しました。ありがとうございます。あらためて関係者のみなさんに感謝!

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.01.23

CSS Design AwardsでSPECIAL KUDOS受賞

大信州さんのWebサイトを、海外3大Webデザインアワードのうち「Awwwards」と「CSS Design Awards」に自社で初めて出展してみたところ、どちらもノミネートしていただけました。そしてCSS Design Awardsのほうでは、特別賞にあたるSPECIAL KUDOSと、ユーザー投票で「Best UI Design」、「Best UX Design」、「Best Innovation」をいただきました。嬉しい!

関わってくれたメンバー、パートナーの皆さんありがとうございます。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.01.15

トップちょっと変えました

パッと見、ほとんど違いがわかりませんが、ウルトラエルのトップページを少し変えました。ローディングアニメーション入れたり、コピー変えたり、コンテンツ追加したりしてます。あと、コードが昔自分が書いたものなので、リメイクしてもらいました。
今のデザインは2014年からなのですが、ベースデザインは変えずに、ことばやコンテンツやコードを随時整理しています。webのノウハウやセオリーはたくさんありますが、参考にしつつも画一的に右に倣えではなく、自分たちらしい「成果」が出る方法を、常に模索していきたいです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.01.11

人間の思考

細谷功 @IsaoHosoya さんの著書「具体と抽象」「自己矛盾劇場」につづき「無理の構造」「アリさんとキリギリス」...と、すべて1日1冊ペースで4冊に読了。自分/他人/人間関係...人間の思考について、良くも悪くも痛いほどわかりました。わかりすぎてこわいくらい...笑。自分が置かれている環境(会社、経営、チーム、家庭...など)を参照しながら読み進められるので、とても実用的な本です。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.01.10

【制作実績】大信州ブランドサイト

大信州ブランドサイトリニューアルしました。

(Webディレクター・保科より)

「右脳に訴えかけるようなwebサイトにしてください」
「他所様と看板を変えても通用するようなwebサイトにはしないでください」
「ファンの方に大信州の魅力をより伝えるwebサイトにしたいのです」

初回のお打ち合わせで先方からいただいたリクエストです。

長野県松本市で清酒製造をされている大信州様のwebサイトリニューアルは私たちにとってチャレンジングなものでした。
大信州らしさとはなにか?それをどう表現すべきか?
そのヒントを探るべくクライアントや関係者の方からお話をうかがい、蔵に足を運び実際に日本酒を造っている様子を見学させていただきました。

プロジェクトチームで検討を重ねてポイントを整理していきました。
・大信州様の酒造りに対する想い
・酒造りに欠かせないもの
・挑戦し続ける姿勢

私たちが導き出したのは、書とアートを組み合わせ、大信州のもつ「美学」「美意識」を躍動的に、圧倒的に、神秘的に表現することでした。

コンテンツでは、大信州様が現在の姿になるまでの歴史や酒造りのこだわりを読み物として楽しめるようにしました。これらのコンテンツは今後追加され大信州の軌跡を残していきます。

Client
大信州酒造株式会社
Launch Date
2019.12
Director
保科大輔
Art Director
ハラヒロシ
Art Director
百瀬明彦
Designer
ハラヒロシ
HTML Coder
長張由布
Engineer
長張由布
Photographer
大井川茂兵衛 [Hi-Bush]
Writer
山口美緒 [編集室いとぐち]

大信州

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.01.05

CSSREEL WINNER OF THE DAY × 2

「庭ZOU」と「VinVie」が立てつづけにCSSREELのWINNER OF THE DAYに選ばれました。年始早々、嬉しいが2倍!

05 JANUARY 2020 - WINNER OF THE DAY VinVie
02 JANUARY 2020 - WINNER OF THE DAY NIWAZOU

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.01.03

かちがらす

佐賀県にルーツを持つ私の心の殿、佐賀藩主・鍋島直正の生涯を描いた『かちがらす』めちゃくちゃ感動しました。最強の武力を持ちながらも、その武力を国内の内乱に使うべきでない、いいように使われまいと徹底して「中立」の立場を貫き、攘夷とか薩長とか官軍賊軍とかの枠組みを飛び越えた距離感が面白く、まさに「幕末を読み切った男」と言えます。幕末の話としては新鮮な視点だし、この原作でぜひ大河でやってほしいー。

佐賀県、がんばって誘致してほしい...。
【号泣】佐賀県、大河ドラマに無視されすぎ問題

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.01.01

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
グラフィックとWebの融合をテーマに、スタッフ一同取り組んでまいります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

AD:百瀬明彦
DE:山岸明日香

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.31

マイルール、やめます。

ブログ月30本更新を124か月(10年以上)継続してきましたが、そのマイルールをやめることにしました。
自分としては大きな決断ですが、やりたいことありすぎて...時間の使い方変えるための前向きな決断。やめるわけじゃないです。

軸はTwitterに。自分の脳内をコンパクトにまとめて発信する習慣をつけたら、思考と行動が一体化してきて、すごくいい。

思えば、昔個人サイトでちまちま静的に日記書いたりしてた中で、ブログの登場は画期的でした。仕事とか戦略とか抜きにして、ツールとしてのブログにはやっぱり愛着あるからやめようとは思わないです。

というわけで、今月は28本目で打ち止め!
皆さん良いお年を。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.12.31

最軽量のマネジメント

仕事納めの日の帰り際に保科くんが貸してくれた『最軽量のマネジメント』。なるべく気持ちを軽くしながら行動する時間を増やしたいと思っていた今の自分にすごく響いて、まさに「ほぐれた」一冊だった。この志を共にして会社・チーム作りができたら素晴らしいと思うし、きっとできると思う。

  • 自分の得意分野であれば、若いメンバーのほうがいいアイデアを出すのが普通に起こりうる
  • 企業理念に共感したメンバーがお互いの個性を出し合って尊重しあい、公明正大に議論をして意思決定し、自立したそれぞれが互いに作業し助け合い能力を最大限につかう
  • マネージャーは完璧じゃなくていい。マネージャーはただの「役割」。上司からの指示と、部下からの情報をふまえて何をすべきか決定する。メンバに主体的に動いてもらう。説明する能力が必要
  • メンバーの意見を聞き、情報を引き出す。弱み見せていいし、肩に力をいれなくていい
  • 情報を公開することは、会社が「あなたを頼りにしています」と言外に伝えてもらっているのと同じ
  • いちばん伝えるべきは、途中経過
  • 伝えないのは、社員が主体的になるのは望んでいませんと言っているようなもの
  • マネージャーとして大事なのは、チームのどのメンバーに聴いたらいいかを把握していること
  • 積極的になれ、は虫がいい。メンバーの意識を変えようというのはおこがましい
  • トップダウンの権限は機能しない。いいねと思えることを選び、体験し、シェアする。それが新しい世代の行動原理
  • 誰が偉いか偉くないか、正しいか正しくないかではなく、役割。
  • 全従業員と話す。やりたいことを確認する
  • 部下の不満は見えないから怖い。見えるようにすれば怖くなくなる。
  • メンバーの不満:知らなかった、聴いてもらえない、意見が届いていない
  • 情報を公開することで仕事が激減する
  • 上司が持っているのは、地位でも権威でもなく、責任。
  • モチベーションの源泉は、自己実現だけでなく、所属や承認の欲求
  • メンバーすべてに伝える必要も、自分が理解する必要もない。情報にアクセスできるようになっていればいい
  • 一度できたその関係は、雑談の30分だけでなくそのあともずっと続く
  • 清水の舞台から飛び降りるのは怖いといえる勇気
  • 他のメンバーより偉いということではない
  • 必要なのは共有する能力。その瞬間にアイデアがいろいろ出てくる
  • 任せると放任は違う
  • うまくいかなかったら謝る。責任をとる。メンバーは安心する
  • マネージャーには説明責任、メンバーには質問責任
  • そもそも噂や陰口が生まれる原因は、情報の不足
  • すべての社員が自走型の人材として活躍してほしいと思わないこと
  • みんなが見ているところで尋ね、応える
  • 上司を詰めることが目的ではなく、みんなで疑問や提案をすることで人の姿勢を正す
  • 上司の期待値を上げ過ぎない

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エル代表取締役/webディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


pagetop