長野市のWebサイト制作会社 デザインスタジオ・エルWeb事業部「ウルトラエル」

「超えるをつくる」ための、公私同一学びの記録。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2019.08.10

旅のお供の本

夏季休暇は毎年一人旅に出かけますが、今年はちょっと気合を入れて
仙台 → 平泉 → 八戸 → 盛岡 → 会津若松 → 郡山と東北4県を巡ってこようと思います。ちょっと忙しかったので予習不足。旅のお供の本は...ほとんどマンガ笑

2019.08.10

つるさんかめさん~ニッポン算額探訪~ #5 愛知・引馬神社

つるさんかめさん〜ニッポン算額探訪〜の5回目は、奈良・虚空蔵山 弘仁寺。

万葉集にも詠まれた歴史ある引馬神社に算額がある、と情報を寄せた鶴賀さん(永野宗典)、亀野さん(角田貴志)と、取材スタッフが待ち合わせ、ともに訪ねることになった。学生時代のエピソードを語りながら、境内をめぐる2人。いよいよ本堂に掲げられた算額と対面するはずが、以前の場所からなくなっていた。どこを捜してもそれらしきものが見当たらず、万事休すと思われたが、そこで意外な事実が判明した。

かつて漫画家を目指していた...亀子鶴雄(笑)諦めた人と諦められない人の30年ぶりの共同作業。彼らの、なんというか闇を感じる表情は、まさにまんが道...藤子不二雄Aの世界そのもの...笑。年齢も近そうなキャスティングで、なんだかしみじみと観てしまいました。

あ、算額の問題はこちら。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.10

時系列

「日本のいちばん長い日」についてツイートしたときの@inada_hさんとのやりとり。

実践しはじめました。ちなみに時系列でまとめられているページがあります。
『日本のいちばん長い日』、映画に登場する用語解説と時系列整理 | シネマズ PLUS

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.09

朝飯前

朝型生活するためには、寝る時間も早くないといけません。僕の場合、忙しさ度合いに関わらず夕飯の時間には帰宅し、妻と食事をとります。遅くなるから先に夕飯食べてて、ということはほぼないです。どうしても忙しいときは朝の初動を早くします。そのほうが生活リズムの乱れは最小限だし(ふたりとも、生活のリズムを乱したくない性格だからいいのかもしれませんが)、朝のほうが何倍も能率がいいです。

思考の整理学(外山滋比古)』によると、「朝飯前」=朝食前にもできるほど簡単だというのを疑っていて、朝の食事をするために、本来は決して簡単でもなんでもないことがさっさとできてしまい、いかにも簡単そうに見える。どんなことでも朝飯前にすればさっさと片付く。朝の頭はそれだけ能率がいい。と書いているのが印象的です。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.07

デザイナーズハイ

仕事でハイになる場面はいろいろありますが、その一つは物理的にボリュームのある作業のリードタイムをいかに短くするかを考え、実践するとき。たとえば一週間かかりそうな作業を、1日、1時間でも短くするには...。段取り、スキル、スピード、巻き込み力...とあらゆる要件を総動員する必要があります。軌道に乗るまではあれこれ試行錯誤してモヤモヤしながらですが、決まって手を動かし始めると、無駄のなさ→スムーズな作業の快感につながって、長時間作業していることでのライナーズハイならぬデザイナーズハイに。

盆前にハイになります。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.05

自己矛盾劇場

「メタ認知」について理解を深めようと手に取った『自己矛盾劇場 ―「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する』。ドキッとするようなあるある話が多くて苦笑いが止まらない...。

自己矛盾の三つの特徴。
①自ら気づくことはきわめて難しい。(が、他人については気づきやすい)
②気づいてしまうと、他人の気づいていない状態が滑稽でたまらない。
③他人から指摘されると「強烈な自己弁護」が始まる。
笑っている自分が、実は笑われている側かもしれない―。「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する。
「あの人は、人の〈批判〉ばかりしている」という〈批判〉、これが自己矛盾。世の中に苛立ちと不毛な争いをもたらす大きな原因の一つがこの人間心理の負の側面であり、インターネットやSNSの発展によって表舞台にあふれるように出てきている。「知性の限界」ともいうべき「自己矛盾」が生まれる心理の歪みと社会構造との関係を身近な事例を取り上げながら模式・可視化。知の構造を見据えつつ、自分自身と対峙するための思考法を提示。

非メタのレベルでは賢者でありながら、メタのレベルでは愚者という自己矛盾劇場。メタ認知ができていると思っていたとしても、実はできていないことに気づかされます。抽象化やメタで考えるという人間の知的能力から生まれている自己矛盾からは、どうやら逃れることはできない。だから自己矛盾を理解し、利用すればいい。メタ認知の大切なポイントは、認知バイアスから抜け出し、「自分を一般化する」ために「他人を一般化してくなる」性質を逆手にとって、自分に向ければよい。なるほど。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.03

つるさんかめさん~ニッポン算額探訪~ #4 奈良・虚空蔵山 弘仁寺

つるさんかめさん〜ニッポン算額探訪〜の4回目は、奈良・虚空蔵山 弘仁寺。

算額の案内役を買って出た鶴田(石田剛太)と土佐亀(土佐和成)のお笑いコンビ・ぴたごら~す。自分たちをテレビに売り込むことに余念がない鶴田と、そんな鶴田の姿をさめた目で見る土佐亀。2人の間に不穏な空気が流れる中で対面したユニークな算額。その問題を発端としたコンビ間の熾烈な意地の張り合いが始まる。果たして2人は問題を解くことができるのか......。そして仲直りできるのか......。

勝手気ままなふたりの軽妙で微妙な空気感が見ていて面白い。ここの算額は、幾何学模様がなく肖像画と大量の数字が書かれたものと、江戸時代に使用されていた算木が使われているものというのがユニーク。こんなのもあるのですね~。なかなかかみ合わない二人の関係でしたが、思考の旅を経て距離が縮まっていくようすがよかったです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.03

戦略ポジショニング

21年この会社にいて、僕自身はしばらくWebというマイノリティな立ち位置で独自の道を切り開いてきました。いつしか事業部となり、事業の二本柱の一角を担うところまでくるとは当時は想像もしていませんでした。長い歴史とあまり関係なく、のびのびとトライ&エラーさせてもらえる環境にあったのもありがたかったです。とはいえ、結果論ですが、弊害もあります。それは、自分が作ってきた文化と、それ以外の文化のミスマッチ(マイノリティだった時代はそれでもよかったのだけど)。これまでも相互協力はありましたが、最近、新しい形態のプロジェクトが多くなるなか、目の前のあらゆる事象にたいして、これはやるべきか否か判断に迷う場面があるとのこと。僕のなかでは既知のことではあるものの、そういう問題提起がでてきたことに、反省しつつもやはり前向きに取り組んでいかなければと背中を押された気分です。

これからの会社の未来を考えていくときに、40年以上続いてきた先人の足跡を尊重し意見を仰ぎつつ、将来を想い、次代を担う僕らがしっかりと方向性を作っていかねばなりません。もう一度勉強し直して、発展性のあるチーム・会社にしていきたいなと思う所存。

今日の学びは「競争戦略論I」より。自分を知るところから。

戦略ポジショニングを確立するための6つの原則

  • 正しい目標:長期的に高いROIから考える。持続可能な収益性を基礎とすることで経済的価値を創造。
  • バリュープロポジション:他社が提供するものとは異なる便益を顧客に提供する。特定の顧客に、独自の価値を提供する方法を定義する。
  • 独自のバリューチェーン:ライバルと異なる活動を行うか、同じ活動を異なる方法で行う必要がある。競合他社と異なる仕組みを作る
  • トレードオフ:ライバルと一線を画すには、何かを諦める、切り捨てる必要がある。トレードオフが存在するからこそ際立った存在になれる
  • 適合性:企業内の要素すべてがどのように適合しているかが重要。適合性が高いと競争優位が強化され、模倣しにくくなる。
  • 継続性:進むべき方法を守り続ける必要がある。それには拠り所となる独自のバリュープロポジションを定義しなければならない。常に戦略の方向性に従う。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.02

夏季休暇のお知らせ

デザインスタジオ・エルは、2019年8月11日(日)~18日(日)まで夏季休暇とさせていただきます。夏期休暇期間中にいただきましたお問い合わせ等に関しましては、19日(月)以降に対応させていただきます。

写真は帰宅途中の大豆島公園にて。最近マジックアワーが多い。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.08.01

引きがある

Webサイトリニューアルの打ち合わせの場で、図らずもクライアントから自社Tシャツを作りたいという要望が出てきまして。その場にTシャツデザインが得意な小島が同席していたのは何か引きがあったのか。彼がいたおかげでスムーズに話がまとまりました。デザインといえども幅が広く、いろんな経験を持っている人材がいるプロダクションとしての長所ですかね。

なんにせよ、得意なことが仕事につながるのを見るのは嬉しい。いいTシャツ作ろう!

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エルWeb事業部のWebディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。アンテナを360度張り巡らせて、なるべく年間360回更新します。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


ウルトラエル

pagetop