長野市のWebサイト制作会社 デザインスタジオ・エルWeb事業部「ウルトラエル」

アンテナを360度張り巡らせての学びの記録。年間360回更新します。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2019.02.01

15万部だった(嬉)

先日「発行部数10万部」という予測数字に基づく記事を書いて小躍りしていたのですが、昨日出版社から実売報告書が届いて、実際は15万部だったということがわかり、なんとも嬉しい誤算。内訳は国内版が約5.9万部、電子書籍が約4000部、そしてなんと海外版が7.5万部以上と日本国内より多かったです。これはなかなか興味深く、7.5万部のうち、台湾で5万部というのがさらに驚き。人口は日本の1/5以下ですから...。ちなみに一番売れている「クイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本」は、日本1.6万部、電子書籍2500部、中国1.3万部、台湾2.3万部、タイ5700部でした。

台湾に行く機会があれば、デザイン業界やデザイン教育の現場をぜひ覗いてみたいです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.31

拠りどころのストック

先日書いた「仕事で煮詰まったときの対処方法」で、拠りどころを定型化すると書きましたが、その定型先もひと工夫しています。それは、

読んだ本のポイントをスプレッドシートに簡単にまとめる

ということ。あとでさらっと読み返したり気軽に検索できて便利です。それと同じ理由で、心に留めておきたい他者のコトバやツイートもまとめています。Twitter内でブックマークもできますが一覧性に欠けますのでね。

僕はこれを「拠りどころのストック」と呼んでいます。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.31

今月のディレクション力向上雑談会

今月の各スタッフ持ち寄りテーマは、「時間管理」「プレゼン」「デザイナーの目標設定」でした。

小島有は他社のワーク記事をもとに、エルにはいって、自分がどのようなデザイナーを目指すべき、どう貢献すべきかの志をまとめてみんなの前で発表してくれました。自分の立ち位置を確認し目標を定めるということが、入社間もないこの時期に、しかも主体的にできるというのが頼もしく感じました。自律、自立、自走できるデザイナーになってもらいたいです。

ディレクション力向上雑談会は一日一力の延長線上にあるものですが、研修の対象範囲を広げたりと全員で話す機会が増えてきたので、この濃密さは朝時間の栄養補給としてはかなりいい感じです。「学びのチーム」でどんどんレベルアップしていこう。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.29

仕事で煮詰まったときの対処方法

ちょっと久しぶりに1QQより。

Q:仕事で煮詰まったときの対処方法は?

必要なことが必要なときに取り出せるようにしておく。本とか尊敬する人のブログやツイート見るとか。「拠りどころ」を定型化する

ここでもやっぱりキーワードはルールづくり。僕は自己解決にあまり自信がないので、拠りどころにすがります。あと、煮詰まらないようにする工夫も必要ですかね。つまり、常に積極的にインプットしていれば、アウトプットへの渇望が煮詰まる状況を回避させることもできるような...気もします。まぁ、普通に煮詰まりますけど苦笑。

いま中村天風読んでるのですが、絶対積極って大事だなと思います。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.28

アクセス解析の基礎知識研修

先週から撮影の基礎知識研修をはじめたのですが、同時にアクセス解析の基礎知識研修もやりはじめました。もともとは新入社員用の研修でディレクターと新入社員がマンツーマンでやる研修だったのですが、全員で共有したほうがいいということになりミーティングのあと全員で保科からレクチャーを受けることに。
保科は上級ウェブ解析士の資格をもち、実践経験も豊富なディレクター。実際受けてみると、基礎編といいつつ、知らなかったことがあることはもちろん、知識が中途半端であることを再認識しました。このサイトの解析データをベースに行うので個人的にはハラオチ度が半端なく、すでにここ数日で改善点がわんさかでてきて一石二鳥です。

自社サイトほど「実験」できるものはありません。営業ツールとしてはもちろん、経験を積むためにどんどん活用すべきです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.26

Googleしごと検索

先週日本でもはじまったGoogleしごと検索。Googleのクローラーが求人情報を読み込んで、AI技術をもとにユーザーに最適な求人情報を表示してくれるというもの。自社サイトの求人情報を検索結果に表示させるには、自社の求人情報ページにschema.orgのJobPostingを構造化データでマークアップする必要があります。

しごと検索  |  検索

構造化データでマークアップしてみたところ、ちゃんと検索結果に出ました。求人情報が求職者がもとめるものにマッチしているかということが重要になるため、今後の採用ツールとして活用する企業は増えそうです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.24

Snapseed

Googleの「Snapseed」という写真加工アプリを使い始めました(『いちばんやさしいInstagramマーケティングの教本』で紹介されていた)。Instagramのフィルタにちょっと飽きたので...。ワンタッチで加工する機能のほか、画像調整、トーンカーブ、ホワイトバランス、切り抜き、射影変換、ブラシ、シミ除去などの補正系や、HDR、グロー、ドラマ、ヴィンテージ、粒状フィルム、レトロ、グランジ...などの各種ツールがたくさん用意されてます。画像の一部だけほ補正する部分補正というのも、まだ使っていないけど便利そう。しかも解像度そのまま残してくれるので二次加工にも十分使えます。あといいなと思ったのが、いろんな編集を施したあとでも、個別の編集をやりなおしたり削除したりできます。それから適用した加工を保存できるのも◎。これでまたインスタ熱が加速しそう...。

Snapseed

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.24

温度とペット

ch.booksさんに打ち合わせ。猫さまが自由に動き回っておられました。職場に動物がいるってうらやましい。

先日「ねことじいちゃん meets OMX」の話題に触れましたが、関連して「温度×ペット」の記事も公開されています。うちで以前飼っていたフレンチブルドッグは記事にも出ている通り温度管理がとても大事で、一年中エアコンつけっぱなし。温度計と湿度計は一日に何度も確認し、調整していました。

ペットと温度の関係はぜひ広く知れ渡ってほしいですね。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.22

いちばんやさしいInstagramマーケティングの教本

いちばんやさしいInstagramマーケティングの教本』、Kindle版で購入、即日読了。ビジネスでInstagramを活用するポイントがわかりやすくまとめられています。ユーザーの利用特性や業界別のフレームワーク、代表的なInstagramマーケの4施策(自社アカウント/インフルエンサー連携/投稿キャンペーン/Instagram広告)、自分はまだ使ったことないけど「ストーリーズ」の使い道など参考になりました。

読んだその直後に、クライアントからInstagram運用の相談を受けて、なんていいタイミングなんだ!と、学んだばかりのノウハウをしっかり共有させていただきました。成果に結びつけなきゃと、使命感が...!

個人アカウントの経験では、毎日渾身の1枚をアップしつづけていると、特定のハッシュタグの中で人気投稿にコンスタントにあがるようになり、しばらくそこで滞在するサイクルができあがってきました。まだまだですが、これを続けて成果の体験を蓄積していきたいです。


Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.01.21

撮影の基礎知識研修

先日の記事を受けて、朝のミーティング時に撮影の基礎知識を学ぶ研修を今日からスタートしました。テキストとして使うサイトはソニーのデジタル一眼カメラ「α」サイト内にある「撮影の基礎知識」ページ(※ちなみにスタッフはSony派が多い。)。僕はフォトグラファーではないのでカメラや撮影の知識が豊富なわけではありませんが、こういった基礎知識の共有ぐらいはたぶんなんとかできるはず。おさらいしつつみんなで同じ知識が共有できるように毎日予習復習してミーティングに臨みたいと思います。

単元ごとに簡潔にまとまったサイトは毎日少しずつ確実に学べるので社内研修にもってこいです。うちもともと、こういうサイトや書籍・雑誌を活用してみんなで共有しながらコツコツ学ぶことをやってます。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エルWeb事業部のWebディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。アンテナを360度張り巡らせて、なるべく年間360回更新します。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


ウルトラエル

pagetop