長野市のWebサイト制作会社 デザインスタジオ・エルWeb事業部「ウルトラエル」

「超えるをつくる」ための、公私同一学びの記録。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2019.03.28

1QQその後

昨年末に開催した『ハラさんに聞く「一日一力を実現するための100の質問」』のあと、参加者の方から僕のやり方をマネしてくださっているという声をちらほらきいて、とても嬉しい。

・ブログを続けた
・朝の始業時間をはやめた
・習慣化につとめた
・スプレッドシートを導入した

など。

僕自身、このイベントを通じて学んだことのひとつが、強みは弱みであること。最近すごくいいなと思うのは、チーム内で対話する場面がすごく増えて、それ自体が僕のせっかちアクセルにブレーキがかかるきっかけになり、熟考したり、「待つ」時間も大事だと知ったことです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.26

Imaging Edge Mobile

スマホ内に見慣れぬアイコンがあるなと思ったら、ソニーのPlayMemories MobileアプリがImaging Edge Mobileという名前にブランド名を変えていました。中身は進化しているのかな...?自分が使う範囲(最近はリモート撮影と画像転送しか使っていない)では特に変わりないけど、スマホのリモート撮影でもっとできること増やしてほしいな。AFとか。

撮影の研修をやったおかげで、人に説明するにはちゃんと予習しなければ...ということで勉強しなおした結果、できることと視点の引き出しが少し増えて一石二鳥でした。特にMFが選択肢に入ったので、今までうまく取れなかった夜間の撮影とかチャレンジしたい欲求にかられています。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.25

平成をかざるプレイリスト

平成ものこりわずか。noteのお題企画「#平成をかざるプレイリスト」に参加してみました。ちなみにnoteではApple MusicやSpotifyが埋め込めるようになったとのことです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.24

1000フォロワー

昨年10月末からスタートした、顔がウルトラエルな愛車...愛社精神たっぷりなインスタアカウント、5ヶ月弱毎日更新し、200枚投稿して1000フォロワー達成。ひとつのテーマでSNSアカウントを運用してみたかったと以前書きましたが、どんな写真だったら人気投稿になるか(正面写真が人気ある)、投稿時間はいつがいいか(いろいろ試して、いまのところ18時~19時にしている)、どんな国の人がファンになってくれるのかなど(日本3割、北中南米3割)、マーケティングの勉強としてとてもいい経験になっています。自分が好きなことを毎日やりつつ学習もできるということで、今後も積極的に継続していきたい所存。

運営方針
・テーマはひとつ
・同じ趣味・関心のひととつながる
・輸入車なので外国人もターゲットにする
・1日1枚はアップする
・適宜ハッシュタグをつける
・写真にこだわる
・世界観を統一する

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.23

自主練

本日土曜出社。仕事の傍ら、毎日やっているJavaScript研修のおかげでわずかながら読解力がついたのが嬉しくて自主練など。今までだったら、やりたいことがあるとどこかから探してきてそのプログラムを(どうせ見てもわからないので)そのまま使うだけだったけど、中身のコードはどんなことが書かれているのだろう?と探求心が芽生えて多少なりとも読もうとしているのは自分的に大きな進歩...!チームとしてはインタラクションデザインについて情報収集を行っていることもあって、少しでも理解できればそれだけ関心が高まるということ。いまは立場的にテクニカルな部分を追う必要はないかもだけど、「こういうことやろうよ」と言う人がいないと停滞するから言い続けるし、そういう意味でプレイヤー視点の探求心と欲は持ち続けないと。最終的には問題解決力向上、UIの改善とUXの向上、チームとしてできることを吟味する...などなど、引き出しを増やしていきたい。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.21

ICHIRO

不定期で書いていたブログを、毎日書こう、と決めたのはイチロー選手が200本安打を毎年積み重ねているのに影響を受けたからでした。毎日鍛錬し、打席に立ち、バットを振る。たとえ打ち損じても全力で走ればヒットにもなる。ボテボテのヒットでも、プラス1。
こんな素晴らしい人と同じ時代を生きていることに感謝。これからも「確かな一歩の積み重ねでしか、遠くへはいけない。」 「ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」 を、僕なりのちいさな力でやっていきたいなと思いました。

記念にキャプチャ。

▼MLB.comトップ

▼最後の打席

▼マリナーズ公式ツイッター

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.20

【制作実績】ピッキオ(パンフレット2019年度版)

昨年制作したピッキオ様のパンフレット、2019年度版にリニューアルしました(制作:百瀬明彦)。表紙はおなじくムササビですが、去年と写真が違います。ピッキオさんの公式Instagramでは、いろんなムササビの姿が見られますよ。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.19

イラストの発注

かつてエルに在籍していた先輩イラストレーターSさんと打ち合わせ。在籍中、各デザイナー→Sさんへの依頼はほとんど1対1だったと思います。今回は案件を動かしているディレクター保科、デザイナー長張が中心となって事前に綿密な打ち合わせを重ねて方向性を絞り込み、コンセプト~ワイヤーフレームの解説、具体的なタッチの指示までと資料として落とし込んだ形での依頼。あぁ、かつてのエルの文化からすると随分変わったなぁというのはSさんを交えたからこそ感じたことで、僕とSさんが一番新鮮に映ったかもしれないです笑。

Sさんは僕がつくったウルトラエル(頭部のみ)の、胴体を描いてくれた人です。こんな感じでいろいろバリエーションがあるのですよね。また描いてほしいな。

ウルトラエル


おまけ。昔やってたスタッフブログのビジュアル。懐かしいなぁ。

ウルトラエル

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.17

メタル脳

書店で『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』の表紙が目に飛び込んできて即買い。脳科学者・認知科学者である中野信子氏(ちなみに同い年)が「混とんとする世界を救うのはメタル」とか「不安傾向の高さをメタルという音楽が埋めることでパフォーマンスをより発揮できる」とか、いったいどういうことなんだ!?とメタルファン歴30年の僕の知的好奇心をビリビリ刺激。そもそも、なんで自分はメタルが好きなんだろう、なんてあまり考えたことないので、非常に興味深い。

メタル+脳科学という、この方でなければ導き出せないような切り口には並々ならぬ熱意が伝わってきます。自分がそうだからみんなもたぶんそうといった、やや主観が強い場面もあってついていけないところは多少あるものの、メタルの非社会性がポピュリズムと相対する、自分自身が判断基準となるので強い個を育むなど、共感できたこと・興味深かったこと・自分に当てはまっていそうなところはたくさんあったので一部ピックアップしておきます。

  • メタルは精巧な音楽だ
  • メタルは反社会的ではなく非社会的。非社会的であることが強い個を育む
  • メタルは社会への不満や怒りを込めた音楽だが、怒りのコントロールができる
  • メタルが好きな人は極めて内向性が高い。自分とのコミュニケーションが得意。他の人が介入しない仕事が向いていて、ビッグプロジェクトで多くの人を巻き込んでいく仕事は不向き。
  • メタルファンには、ネガティブな感情に正直な人が多く、ゆえに自己評価が低い。
  • メタルを聞くことで得られるカタルシスによって、自信をつけてポジティブな自己評価に向かわせる
  • メタルは裏切らない

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.16

デザイナーの仕事部屋

長野ADCリレー展の企画として、KICHI太田くんとreach轟理歩くんによる「デザイナーの仕事部屋」ようやく見学しに行けました。駅ビルMIDORI内にオフィスを一部移転して、期間中できる限りここで仕事するという斬新なアイデア。2人の作品たくさん見ることできます。面白いなー。展示は明日17日まで。在廊日だそうです。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エルWeb事業部のWebディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。アンテナを360度張り巡らせて、なるべく年間360回更新します。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


ウルトラエル

pagetop