長野市のWebサイト制作会社 デザインスタジオ・エルWeb事業部「ウルトラエル」

「超えるをつくる」ための、公私同一学びの記録。
Webディレクター・ハラヒロシのブログ

2019.05.17

解決策を探す

サイト実装や修正作業で難題に直面した際、デザイナー/エンジニアの堀内は、いつもウルトラCなクリエイティビティを発揮して解決してくれます。なんでそんな思考や発想が生まれるのだろうとずっと不思議に思っていたのですが...今日のディレクション向上座談会はまさしく彼の下地となる前職での経験談でした。

電子電気工学を専攻し、製造業で設計作業に従事していたの彼は、アナログ電源のプロトタイプを作っていた際、設計に沿って作ってもうまくいかないことがあるそうです(Web制作でもよくある場面ですね)。そこで「図面の間違いを探すのではなく、解決策を探す」という思考のスイッチが働くとのこと。そんな経験談を聞いて、これが活きているのだと心底感心しました。仕様至上主義ではなく、まったく違う考え方で解決できないかを探すこと。

どんな職種・また仕事のあらゆる場面でも参考になる考え方だなと思いました。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.17

オーダー

1QQより。

Q:エルWeb事業部の強みは端的にいうと何だと思いますか?

みんなものづくりが好きで、学びに貪欲。打順の入れ替えができるのでいろんな組み合わせができる。

実際にいま抱えている約20の案件を見てみると、同じメンバーの組み合わせがひとつとして存在しませんでした。社内でいろんなオーダーが組めるのもあるけど、勝手知ったるエル卒デザイナーや信頼できる外部パートナーが増えてきたのも大きいです。無理に社員を増やさなくてもいいチームは作れるのだなーとは思います。でもいい人いたら欲しいです。

Webデザイナー、フロントエンドエンジニア、Web制作アシスタント募集中!です。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.16

プログラムするうえで大事なこと

毎朝MTG時に実施している、エンジニア・長張によるJavaScript研修をはじめて3ヶ月ぐらい経つのだけど、わざわざ自作のサンプルコードまで用意してくれてのレクチャーに頭が下がります。これで覚えなきゃ申し訳ないよ(って、一番できない自分の尻を叩く)。

今日教えてもらった大事なことは、「何をしたいのかを、順序だてて書き出す」こと。たとえば、簡単なスライドショーを作るなら以下のような感じで書き出す。

・画像を重ねて表示する(CSS)
・最初は1枚目だけを表示する
・1枚目をフェードアウトして2枚目をフェードインで表示する
・3秒ごとに現在の画像をフェードアウトして、次の画像を表示する
・表示している画像が3枚目(最後の画像)のときは、1枚目に戻る

こうして言語化することで、実際にプログラムをどう書くかが見えてくるとのこと。体系的に物事を考えることはとても大事ですね。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.16

古代戦士ハニワット

稲田さんのツイートで知った。

なにこれ、気になる、すぐ買った。土偶が人々を殺し、埴輪と対決するというすごい設定。善光寺門前が大パニックになっています。知っている場所が舞台になるとのめり込み度倍増です。地元民は必読ですね。。今度JBNさんにお邪魔して稲田さんとこの展開をシミュレートしたい。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.16

動物の瞳

Sony αシリーズ Instagram アニマルフォトコンテスト

とりあえず我が家に来た猫様で応募してみようかな。もうちょっと腕を磨かないと...。犬を撮るのも楽しかったけど、猫も表情豊かで楽しい。でも動いていると、しっかり瞳にフォーカスさせるのはけっこう難しいですね。ソニーの新しめのカメラでは「動物対応のリアルタイム瞳AF」という機能があるようで、試してみたいのだけど、自分のは初代α7なので対応してない...。5年半使いまくって、まだまだしばらく活躍してもらいますが、次も間違いなくソニーにします。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.15

仕事に向かうスタンス

エルはグラフィックとWebの2事業部で営業をしていますが、仕事の流れはどうしたって縦割りになりがちです。すべての案件ではありませんが、当たり前のように"Web事業部"として"Web案件を取りに行く"というところからは、少しずつ脱却しなければ...というのは最近特に思うことで。やはり、最初からWebサイト制作ありきでは、問題解決の入口として正しいのかの見極めがないまま進んでしまうケースもあります。Webサイトだけが必要ではないかもしれないし、Webサイトは後回しでもいい場合もあります。

もちろん今までも協力体制を敷いていましたが、どちらかが先導して→隣の部署に依頼というのではなく、最初から垣根を越えて一緒に動くような体制づくりを模索中。たとえば、グラフィックとWebのディレクターが最初からヒアリングに同行するなど。

いずれ部署はなくなるかもしれないと思っています(構想です)。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.15

ルーツを追っています(途中経過)

自分のルーツを探るために、先月から父方の戸籍を遡って除籍謄本を郵送で取り寄せています。戸籍には転籍前の住所が記されているので、それを追って記載している自治体に申請します。須坂→小布施→東京都中野区→東京都荒川区→佐賀市までたどりつきました。祖父は養子なので、このあと家系(原家)と血筋(古川家)の両方追跡することにします。知らない先祖の名前が出てきてくる不思議な感覚。もう2代ぐらい遡れたらいいな...。

手続きってなにかと面倒なのですが、関心あることだと準備も力入りますね。除籍謄本申請に必要なのは、

・申請書(自治体ごとにPDFフォーマットがある)
・本人確認書類(運転免許証など)のコピー
・親族関係の確認ができる戸籍謄本(これまで取得した謄本をコピーして添付)
・定額小為替(除籍謄本の場合750円)
・返信用封筒

郵送で1通請求するのにだいたい1000円ちょっとかかります。転籍が多いのでもう少しコストがかかってしまいそうだけど、少しずつ解明していくドキドキ感があります。

各地方自治体のWebサイトを必ず見るので、特にユーザビリティについて、利用者目線で肌感覚で感じ取ることができます。すべてが学びです。

郵送申請(戸籍証明) | 中野区公式ホームページ

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.14

つるさんかめさん〜ニッポン算額探訪〜

joggaさんが企画から参加しているWOWOWの番組『つるさんかめさん〜ニッポン算額探訪〜』は、7月13日(土)ごご1時〜初回放送です。全6回。

つるさんかめさん〜ニッポン算額探訪〜 - jogga

全国の神社仏閣に奉納されている、和算(算数/数学)の問題が書かれた『算額(さんがく)』と呼ばれる絵馬を訪ね、実際に算額の奇問難問を解いていく様子をドキュメンタリータッチで構成した30分番組です。ご出演はヨーロッパ企画の皆さん。算数/数学が好きな方はもちろん、そうでもない人でも結構楽しめる番組を目指しています。

算額は日本全国で900面以上も存在するらしいです。算額に紀行をプラスするという贅沢な内容!とても楽しみです。そして弊社はロゴデザインでお手伝いさせていただいています(担当:アートディレクター百瀬明彦)。まだお披露目されていませんが、とてもいい仕上がりになっていますので番組とあわせてお楽しみに!

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.13

DESIGN STUDIO

うちみたいな社名多いだろうなと調べたら「O(オー)」に空きがあるようです笑。(ググってでたのをピックアップ。リンク先は調べてません)

Design Studio A
Design Studio B
Design Studio C
Design Studio D
E Design Studio
Design Studio F
Studio G Design
Design Studio H
i Design Studio
Studio J Design
Design Studio K
Design Studio L
Design Studio M
N Design Studio
Studio-P Design
Q Design Studio
R design studio
Design Studio S
design studio T.
Design Studio U
Studio V Design
Studio W Design
Design Studio X
DesignStudio Y
Studio Z Design

数字も。

Design Studio ZERO
Studio 1 Design
Design Studio2
Studio 3 Design
Design Studio 4
Design Studio 5
Design Studio 6
Studio7 Design
DESIGNSTUDIO8
Design Studio 9
DESIGN STUDIO TEN

<追記>
「O(オー)」じゃないけど、OH! Design Studioはあった。

Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.05.13

ちくほくの人 Vol.16

「ほくほく、ちくほく。」Webサイトのインタビュー記事「ちくほくの人」のVol.16が公開されました。

筑北村の地域おこし協力隊(現役・OB)によるコタツを囲んだ座談会の後編です。

Q. 筑北村での生活はいかがですか?
Q. 筑北村ではどんな休日を過ごしていますか?
Q. 任務中・任務後の目標や夢はありますか?
Q. 筑北村で教わった、印象的なことといえば?
Q. 筑北村の魅力って、なんだと思いますか?
Q. 今後、どんな人が筑北村の地域おこし協力隊に来てくれたらいいなと思いますか?
Q. 最後にOBの方より、これから筑北村の協力隊になろうとしている方々へアドバイスをお願いします

それぞれの生活や地域おこし協力隊としての活動を通じてのリアルな声、そして任務中や任務後の目標について真剣にビジョンを語っている皆さんがとても眩しかったです。この記事が、地域おこし協力隊に携わる方やこれからチャレンジしてみたいと思う方に届くとよいなと思います。


Facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

Webディレクター・ハラヒロシ

ABOUT

デザインスタジオ・エルWeb事業部のWebディレクター・ハラヒロシの仕事の肥やしブログ。アンテナを360度張り巡らせて、なるべく年間360回更新します。
詳細プロフィールはこちら

twitter Feedly Facebook Instagram Pinterest Amazon

ARCHIVES

過去記事一覧

SEARCH


ウルトラエル

pagetop